ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
twitter
ピクミー

「不思議なピクミー」は、株式会社ECナビの商標です。 株式会社ECナビに関わる著作権その他一切の知的財産権は、株式会社ECナビに属します。 このサイトは「不思議なピクミー」および株式会社ECナビとは一切関係がありません。
★投票お願いします★
blogram投票ボタン
☆。*†*。☆。*†*。☆
SPONSORED LINKS

Eclipse-moon

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


人気ブログランキング参加中 投票お願いしますo(_ _*)o ↓↓↓

人気ブログランキングへ

| - | | - | - |
あさきゆめみし Perfect Book [宝島社文庫] (宝島社文庫 E へ 1-6)
JUGEMテーマ:読書



源氏物語の作者は紫式部だが、私にとっての源氏物語の作者は大和和紀である。
日本史に興味を持つようになったのも大和和紀の影響が大きい。
「ヨコハマ物語」「はいからさんが通る」「天の果て地の限り」
彼女の描く日本の歴史が絡んだ物語が大好きだった。
本来の源氏物語よりも源氏物語といえば「あさきゆめみし」と幼い心に刷り込まれた状態。
あの頃、コミックスの新巻が発売されるのが待ち遠しくてならなかった頃
「あさきゆめみし」が入試試験にも活用される漫画になろうとは一読者であった私は思いもしなかった。
「ベルサイユのばら」がフランスを含む世界史に目を向けさせ、
澁澤龍彦が世界史の闇の部分に目を向けさせ、
小学生の頃、私は今の私を形作るものに出会っていると今更ながらに実感する。
絵巻と言っても遜色の無い大和和紀の画と色彩に見惚れ、文庫のサイズなのが残念だが
画を堪能するには画集があるので、そちらで見目美しく鮮やかな袿姿にうっとりしていただきたい。
大和和紀のインタビューに登場人物紹介。
平安期の恋愛についてなど、盛りだくさんで新装、完全版で発売されている「あさきゆめみし」を改めて購入したいと思った。






 

人気ブログランキング参加中 投票お願いしますo(_ _*)o ↓↓↓

人気ブログランキングへ

| 大和 和紀 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(1) |