ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
twitter
ピクミー

「不思議なピクミー」は、株式会社ECナビの商標です。 株式会社ECナビに関わる著作権その他一切の知的財産権は、株式会社ECナビに属します。 このサイトは「不思議なピクミー」および株式会社ECナビとは一切関係がありません。
★投票お願いします★
blogram投票ボタン
☆。*†*。☆。*†*。☆
SPONSORED LINKS

Eclipse-moon

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


人気ブログランキング参加中 投票お願いしますo(_ _*)o ↓↓↓

人気ブログランキングへ

| - | | - | - |
推定少女 (角川文庫 さ 48-2)

評価:
桜庭 一樹
角川グループパブリッシング
¥ 620
(2008-10-25)
JUGEMテーマ:読書



15歳と言う年齢はあやふやだ。
大人でも子供でもない。
大人で居たいと思う事柄では子ども扱いをされ
子供で居たいと思う事柄では大人扱いをされる。
将来のことなんて考えられないのに、将来を考えなければならない
知識も経験も無いのに選択を迫られる。
そんな時だけ都合よく 「もう大人になるんだから」 と言いくるめられて。
15歳、期待と不安と不安と行き場の無い怒りと情緒不安定に振り回されている年頃。
何かをしたくても、「大人の都合」でどうにでもされてしまう年頃。
「大人の都合」に合わないと色々なレッテルを貼られる。
「夢を持て」といわれ「夢を見るな」と言われる。
大人は都合でしか話さない生き物だと、この年頃までには誰もが気付いているはずなのに
自らが大人になってしまうと大人の都合で話をする。
矛盾に塗れたまま歳を重ねて、私は矛盾の中で静かに狂う。
誰かと手を繋いで、銃を撃ち、遠くの町に逃げる。
「俺達に明日は無い」のボニーとクライドみたいに。逃げ続けて、
最後に蜂の巣にされるのだ。全ては大人の都合で。



 

人気ブログランキング参加中 投票お願いしますo(_ _*)o ↓↓↓

人気ブログランキングへ

| 桜庭 一樹 | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) |