ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
twitter
ピクミー

「不思議なピクミー」は、株式会社ECナビの商標です。 株式会社ECナビに関わる著作権その他一切の知的財産権は、株式会社ECナビに属します。 このサイトは「不思議なピクミー」および株式会社ECナビとは一切関係がありません。
★投票お願いします★
blogram投票ボタン
☆。*†*。☆。*†*。☆
SPONSORED LINKS

Eclipse-moon

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


人気ブログランキング参加中 投票お願いしますo(_ _*)o ↓↓↓

人気ブログランキングへ

| - | | - | - |
ナ・バ・テア (中公文庫)
評価:
森 博嗣
中央公論新社
---
(2005-11)

JUGEMテーマ:読書



続きだと思って読み始めると、混乱してしまう。
続きだという思い込みの元に読み始めた私は混乱した。
が、それはページを捲る毎に解消された。
思い込みとは無意識の中に多く潜んでいると思われる。
思い込みで人は体を変化させてしまったりもする。
私の思い込みは沢山あるだろう、自分が気付いていないだけで
他人に指摘されても、柔軟にそれを受け入れることは出来ないだろう。
人の意見を柔軟に受け入れるのは、意識的にせよ無意識にせよ確立させてしまった思考の中では困難だ。
文章のダンスが始まる。
突然軽やかに、スローステップ、タンゴ、ワルツ。
思考を止めて文字を追う。
押し付けのない音楽は心地いい。
押し付けのない文章は心地いい。
頭を白くしてただ文字を追っていると、音楽の聞こえる物語であると思われる。


 

人気ブログランキング参加中 投票お願いしますo(_ _*)o ↓↓↓

人気ブログランキングへ

| 森 博嗣 | 13:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
探偵伯爵と僕―His name is Earl (講談社文庫)
JUGEMテーマ:読書


小学生の頃、同級生の母親が自殺したという話を聞いた。
流れてきた噂話では、彼女は玄関先で首を吊り第一発見者は学校から帰宅した同級生だったという話だ。
真相は知らない。
同級生が同じクラスだったのか、女の子だったのか男の子だったのかすら
私の記憶には無い。
ただ、噂話だけは頭の中に残っている。
子供はそういった話から遠ざけられている。とも感じた。
身近な「死」は遠くの御伽噺のように、オブラートに包まれた話題でしかなかった。
この話には、漠然とした「死」の匂いがする。
事件はオブラートに包まれていて、子供には知らせようとはしない。
危険だという言葉だけで、詳細や経緯は省かれる。
子供には解らないと、大人が思っているからだ。
人間に裏切られるのは面白くないし、不愉快だが
小説に裏切られるのは楽しい。
それが心地のいい裏切りなら尚のこと。
勘がよければ解ってしまうだろうけれども、最後まで楽しませてくれる。
「スカイ・クロラ」とはまた違うリズム。
リズムのある文章は心地がいい。
引き込まれて、踊らされる。
森博嗣の作る世界の中で。




 

人気ブログランキング参加中 投票お願いしますo(_ _*)o ↓↓↓

人気ブログランキングへ

| 森 博嗣 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカイ・クロラ (中公文庫)

評価:
森 博嗣
中央公論新社
¥ 620
(2004-10)
JUGEMテーマ:読書



永遠の命、永遠の若さは古来、人類の夢だ。
権力を握った人間は永遠の命を得るために不老長寿の薬を求めたりしている。
永遠に生きるのは退屈だろう。苦痛だろう。
たった数十年生きているだけで死にたくなるのに。
生きる為に、生き続ける為に、苦痛でしかない記憶は曖昧になるという。
平均寿命70年を越える命でも、痛みの記憶は薄れる。
それが永遠の命、死なない命である。
忘れ続けていないと生きては行けないだろう。
ダンスをするような文章。軽やかに、静かに、確実な足運びで物語りは進む。
穏やかに、静かな狂気を秘めながら。
心地いい文章が、一緒に空を飛んでいるような気にさせる。 
穏やかな、穏やかならざる死も、心地良く、麻薬のように沁みて来る。
私も水素みたいな最後なら幸せかも知れない。




人気ブログランキング参加中 投票お願いしますo(_ _*)o ↓↓↓

人気ブログランキングへ

| 森 博嗣 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(1) |