ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
twitter
ピクミー

「不思議なピクミー」は、株式会社ECナビの商標です。 株式会社ECナビに関わる著作権その他一切の知的財産権は、株式会社ECナビに属します。 このサイトは「不思議なピクミー」および株式会社ECナビとは一切関係がありません。
★投票お願いします★
blogram投票ボタン
☆。*†*。☆。*†*。☆
SPONSORED LINKS

Eclipse-moon

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


人気ブログランキング参加中 投票お願いしますo(_ _*)o ↓↓↓

人気ブログランキングへ

| - | | - | - |
王朝恋闇秘譚
評価:
山藍 紫姫子
角川書店
¥ 540
恋と憎悪は紙一重だと思う。
全てを許容し、その人の為になる事をしようとするのが愛だと思われる。
恋は自分の思いが最優先されてしまうのだ。
恋するあまりに事件になってしまった例を時折ニュースで見かけたりもする。
「恋」と「愛」は似ているようで全く違うモノだ。
誰しもが当然理解しているように思われるが、実の所、理解している人は少ないように思える。
私も恐らく、頭では理解しているのだろうが、恋をしてしまった時には
その理解している筈の事を忘却の彼方へと押しやってしまっていると思われる。
人の心の中ほど解らないモノは無いのに、そこに恋愛が絡み憎しみが絡むと縺れて解けない糸のようになってしまう。
傍から冷静に見れば解る筈の事も解らなくなってしまうのだ。
人間とは難しい生き物だ。

この本は耽美な世界を描いているので、衆道を否とされる方にはオススメしません。
ご注意なされませ。

人気ブログランキング参加中 投票お願いしますo(_ _*)o ↓↓↓

人気ブログランキングへ

| 山藍 紫姫子 | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) |