ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
twitter
ピクミー

「不思議なピクミー」は、株式会社ECナビの商標です。 株式会社ECナビに関わる著作権その他一切の知的財産権は、株式会社ECナビに属します。 このサイトは「不思議なピクミー」および株式会社ECナビとは一切関係がありません。
★投票お願いします★
blogram投票ボタン
☆。*†*。☆。*†*。☆
SPONSORED LINKS

Eclipse-moon

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


人気ブログランキング参加中 投票お願いしますo(_ _*)o ↓↓↓

人気ブログランキングへ

| - | | - | - |
やんごとなき姫君たちの秘め事 (角川文庫)
昔話でアンデルセンやグリム童話に出てくるお姫様に憧れていた幼少時代。
お姫さまに意地悪をするお姉さまや継母に憧れた少女時代。
いつの頃からか、主人公である純真なお姫様を訝しく思うようになっていった。
現実に伝えられているM.アントワネットやエリザベート、近代ではダイアナ元妃は幻想の中に居るようでありながら、彼女たちに関する本を読むと生々しい女がそこにある。
お姫様とはいえ、女なのであるから生々しく感じるのは当然だと思われる。
昔も今も、女とは大変な生き物で、男は単純としか思えないのは私の偏見。

人気ブログランキング参加中 投票お願いしますo(_ _*)o ↓↓↓

人気ブログランキングへ

| 桐生 操 | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
美しき惨殺者たち
一国の権力者から有名な殺人鬼まで、幅広くある程度は満足できる内容。
ここから興味を持った人個人を扱った専門的な本を探すのが私の流れ。
レクター博士が私を惹き付けて止まないように、この手の本を見つけると読みたくなる。
人間の闇の部分に警戒もしているが、興味をそそられてもいる。
色々な所で取り上げられすぎて知っている事ばかりの件もあったりするが
何度読んでも興味深い事に変わりはない。
毎日のニュースで殺人事件が報じられるたび、闇に堕ちてしまった人を思う。
そこで幸せだったのか、不幸だったのか、未だ闇に堕ちていない私は想像を膨らませる。

人気ブログランキング参加中 投票お願いしますo(_ _*)o ↓↓↓

人気ブログランキングへ

| 桐生 操 | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) |