ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
twitter
ピクミー

「不思議なピクミー」は、株式会社ECナビの商標です。 株式会社ECナビに関わる著作権その他一切の知的財産権は、株式会社ECナビに属します。 このサイトは「不思議なピクミー」および株式会社ECナビとは一切関係がありません。
★投票お願いします★
blogram投票ボタン
☆。*†*。☆。*†*。☆
SPONSORED LINKS

Eclipse-moon

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


人気ブログランキング参加中 投票お願いしますo(_ _*)o ↓↓↓

人気ブログランキングへ

| - | | - | - |
人間はどこまで動物か (新潮文庫)
タイトルに騙された気がする。私が思い描いていたような学術的理論的な文章ではなかったからだ。
簡潔に言ってしまえば学者の先生のエッセイ。
生活する日常で目にしていても気に留めないところに注目しているのに面白みを感じて、結局最後まで読み切ってしまった。
ちゃんと表題の項目もあるのだが、回りのエッセイに埋もれて他の項目と変わりない調子で確かに頷くことは出来たが不満が残るのは根本的に私が求めていた文章ではないのが原因だと思われる。



人気ブログランキング参加中 投票お願いしますo(_ _*)o ↓↓↓

人気ブログランキングへ

| 日高 敏隆 | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) |